バイクを売るときに必要な書類

バイクの種類で必要な書類が異なります。

どんな種別のバイクを買い取りしてもらうのかによって、揃えておかなければならない書類は異なってきます。
はじめに、125cc以下のバイクは標識交付証明書、250cc以下のバイクは軽自動車届出済証(車検証)、250cc超だと自動車検査証がなくてはならず、どういった類のものでも身分証明書と印鑑を用意しなくてはいけません。
なお、バイクの所有者ではない人が買い取りの手続きを行う際には、委任状が欠かせなくなります。
こうした際には委任状なしでは取り引きが進められないため、前もって揃えておくようにしましょう。
委任状に関しては、印鑑証明書と、その証明書に使用された印鑑が押された委任状が必要となるのです。
また中には、ローンを返済中のバイクを買い取りに出したいという人も少なくないでしょう。
ローンの支払いが済んでいなくてもOKなのか否かということは、それぞれの会社で規定があるので、前もって調べておくようにしましょう。
ローンが完済していないバイクを買い取りに出す場合には2種類の手法が挙げられます。
1つ目の方法は自分自身で買い取ってもらった後もローンを払っていくというもの、もう1つは買い取り業者側でローンを支払うために、買い取り額から支払いが残っている分の金額を引く方法です。
引き続き自身で支払いをして完済するように求める業者のほうが多いので、一般的にはこの方法を選ぶことになるでしょう。
しかし、売ったバイクのローンの支払いに遅れが発生してしまった場合は、業者が損失を被り、訴訟を起こされてしまうこともありますので気をつけましょう。